人生の成功はバランスとセンスが決める

ビジネスに関する話題・時事ニュース・マメ知識。人生に悩み迷う時、解決の糸口となりますように。

【知識の泉】夏目漱石のひみつ??

f:id:balasense7:20150328000908j:plain

おはようございます!

皆さんは「夏目漱石」の作品を何冊読んだことがあるでしょうか?

夏目漱石とは

日本の小説家、評論家、英文学者。本名、金之助。江戸の牛込馬場下横町出身。俳号は愚陀仏。 大学時代に正岡子規と出会い、俳句を学ぶ。帝国大学英文科卒業後、松山で愛媛県尋常中学校教師、熊本で第五高等学校教授などを務めた後、イギリスへ留学。*1

といった日本を代表する作家であり、現在の「野口英世」千円札の前に描かれていた人物です。若い方では知らない方もいるかもしれませんね。

 

 

「こころ」「我輩は猫である」「三四郎」など代表作はたくさんあり、題名をご存知の方も多いでしょうが、実際にはなかなか読んでいないものです。

純文学と言うのはつまらないものですからね(笑)

そういう私もほとんど読んだことがありません(笑)

 

本日は、そんな「夏目漱石」のマメ知識です。

 

千円札に使われている夏目漱石の写真は喪服を着ている

 

のだそうです。

大正時代初期に撮影されたその写真は、明治天皇崩御されたことを憂いて喪服を着て撮られたのだそうです。

知らなかった……。あの表情はなんとも形容しがたいとは思っていたけど、そのような背景があったのですね。

それではみなさん、良い一日を!

 

【関連記事】

balasense7.hatenablog.com