人生の成功はバランスとセンスが決める

ビジネスに関する話題・時事ニュース・マメ知識。人生に悩み迷う時、解決の糸口となりますように。

シュレッダーのひみつ

f:id:balasense7:20150408231321j:plain

おはようございます!

 

昨今の個人情報に関わる問題は、日常生活においても注意しなければいけないレベルに達しています。学校や会社の連絡網なども、以前は住所から電話番号、全て記載されていました。今では必要最小限にとどめ、会社では年賀状まで禁止であったりします。しかし、自分では気をつけていても、SNSやアプリなどで個人情報を抜かれてしまうので自己防衛にも限度がありますが。それでもダイレクトメールや会員案内などの封書や請求書は、シュレッダーにかける方も多いのではないでしょうか。

 

 

会社では、シュレッダーというのはなじみ深いですが、個人でも持つようになったのはここ何年かといったところでしょう。私は十年以上前に買いました(←自慢)が、めんどくさくて使っていません。せいぜい手で細かく千切るくらいです(笑)。

そこで今日は、シュレッダーに関わるマメ知識をご紹介いたします。

 

シュレッダーは日本の明光商会の発明品。うどんの製麺機からヒントを得た。

 

そうです。

明光商会の創業者、高木禮二氏によって発明されました。今では昔のうどんのように細長い形状ではなくクロスカットで細かく裁断されたりするようになりました。しかし、シュレッダーから出た紙はかさばるんですよね。ものすごい大きなゴミ袋で破棄するんですよね。あれを何かに再利用できないものかな?と良く考えていました。未だに良い案は浮かんでいません(笑)

 

それでは今日も良い一日をお過ごしください!

 

【関連記事】

balasense7.hatenablog.com

広告を非表示にする