人生の成功はバランスとセンスが決める

ビジネスに関する話題・時事ニュース・マメ知識。人生に悩み迷う時、解決の糸口となりますように。

女性も立ったままだった!?

f:id:balasense7:20150408233503j:plain

おはようございます!

 

今年の花見のシーズンも終わってしまいました。桜が散る瞬間というのは何とも言えない悲しい気持ちになります。

しかし、これからは花火大会や海水浴、アウトドアの季節に最適の夏がやってきます!インドアよりアウトドアが好き、ということもないのですが、なにより冬が寒くて苦手なので、暑い夏は大好きです!花見の時期でもそうですが、花火大会の会場などでも付きまとうのがトイレ事情。

 

 

男性はなんとかなってしまうのですが(←ほんとはなんとかしてはいけません!)、女性トイレの前の大行列を見かけると本当にかわいそうになります。男性トイレはそもそもそこまで大行列にならない上に、意外と列が進むのが早いので、その度に「男に生まれて良かった!」と心底思います。

行楽シーズンのサービスエリアのトイレでは、大阪のおばちゃんみたいに元気な人が「おばちゃんは、おじちゃんみたいなもんだからいいわよね!?」なんて大きな独り言を言いながら男性トイレに突撃する姿を何度か目撃します(笑)。

今日は、そんなトイレ事情にまつわるマメ知識をご紹介いたします。

 

「立ちション」は、明治時代は当たり前のように女性もしていた

 

そうです。

えぇぇぇぇーーーーーーーーーーーーー!!!

これはビックリするマメ知識でした。色々と衝撃的です。衛生面はもちろんそういった性犯罪の多い現代ではとても考えられませんね。しかし、非常事態に「立ちション」が抵抗なくできる社会であれば、花見や花火大会もおそるるに足らず!だったのでしょうね。(←良くわからないまとめ笑)

 

それでは、今日も良い一日をお過ごしください!

 

【関連記事】

balasense7.hatenablog.com

 

広告を非表示にする