人生の成功はバランスとセンスが決める

ビジネスに関する話題・時事ニュース・マメ知識。人生に悩み迷う時、解決の糸口となりますように。

「サザエさん」のマメ知識

f:id:balasense7:20150429211602j:plain

おはようございます!

 

日曜18時30分と言えば、国民的アニメ「サザエさん」です。日本に生まれた方なら一度は見た事があるはず。お魚くわえたドラ猫を裸足で追っかけてしまうサザエさんを主人公に、弟でワンパク小僧のカツオや、元祖亭主関白の、一本の毛だけ飛び出した頭が特徴の一家の大黒柱・波平など、個性豊かな登場人物の日常を描いています。

 

 

子供のころなど、「僕たち、タラちゃんよりお兄ちゃんだよ」とか、小学生に上がれば「カツオと同い年になっちゃった」とか、学校で話した事は一度くらいあるでしょう。いつの間にやら、カツオも伊佐坂家の長男・甚六さんも追い抜いてしまいました。時の流れははやい……。

 

今日はそんな「サザエさん」のマメ知識をご紹介します。

 

まずは、サザエさん一家の年齢から

サザエさん24歳、マスオさん28歳、磯野カツオ11歳、磯野ワカメ9歳、タラちゃん3歳、磯野波平54歳、磯野フネ52歳。

 

次にノリスケさん一家の年齢

波野ノリスケ25歳、波野イクラ年1歳半~2歳、波野タイコ……22歳

 

タイコさん女子大生と同じ年齢やないかい!!!!!!!!

びっくりして関西風に突っ込んでしまいました(笑)。

タイコさんは、現代であれば女子大で4年生とか専門学校出て働き始めたばっかりのような年齢なんですね。晩婚化が進み、ピチピチでまだまだ結婚なんて考えてもいないような年齢で既に1児の母、しっかりもので家事も上手そう。「サザエさん」が作品として世に出た頃は、それが当然だったのでしょう。今は女性の社会進出が進み、日本社会において女性は貴重な労働力となりました。その代わりに少子化に拍車がかかり、日本の年金や福祉の問題に影を落としています。作者の長谷川町子が健在なら、現代の「サザエさん」をどのように描くのでしょうか。叶わぬ夢ですが、一度見てみたかったですね。

 

それでは「サザエさん」に負けない楽しい一日をお過ごしください!

 

【関連記事】

balasense7.hatenablog.com

 

広告を非表示にする