人生の成功はバランスとセンスが決める

ビジネスに関する話題・時事ニュース・マメ知識。人生に悩み迷う時、解決の糸口となりますように。

真理を見極める「目」 ~プラトンの教え

f:id:balasense7:20150503220538j:plain

おはようございます!

 

明日5月5日はこどもの日*1です。五月人形を飾っている家庭も多い事でしょう。鯉のぼりは最近ではあまり見かけなくなりましたが、私が子供の頃は実家でも鯉のぼりを飾っていました。なつかしい……。

 

 

今日はそんな「子供」に関する名言をご紹介いたします。

 

真理は、子供の口から出る。

 

プラトン*2の名言です。

 

子供というのは時にするどく真理をついてきます。本人はごくごく自然に疑問に思った事などを口にしているのですが、それを聞かされる大人にとっては目からうろこの指摘であったりします。世の中の荒波に揉まれてしまうと、幼いころは純粋であったはずの「大人たち」の目もいつしか濁ってしまい、真実が見えなくなってしまうのかもしれません。私がまだ幼いころ、伯父さんに「猫かぶってるな笑」と言われた事がありました。私は、何を言っているのかわからずに、

 

そんな物はかぶってない!

 

と言ったそうです。

当たり前です、本当に「猫」をかぶっていたら、ちょっとおかしな子供です(笑)。私は、至極真面目に「猫なんてかぶってない」と言ったのです。子供と言うのは、その言葉が意味する裏を読むなんて事は出来ないので、その「字面」だけを否定するんでしょう。今となっては、そんな素直な感想など考える前に言葉の裏ばかり読んでしまって、いつの間にか純粋な「目」を失ってしまいました。悲しいものです……。

 

明日はそんな純粋だった子供の頃の「目」を思いだし、物事を新しい視点で見るように心がけたいと思います。

皆さんもGW最後まで満喫してください!

 

【関連記事】

balasense7.hatenablog.com

*1:5月5日は古来から端午の節句として、男子の健やかな成長を願う行事が行われていた。大正時代には「児童愛護デー」として活動を行っていた団体が存在し、国会にこどもの日を祝日とする請願が寄せられた際にも、5月5日を希望するものが多かったためである。ウィキペディアより

*2:プラトンは、古代ギリシアの哲学者である。ソクラテスの弟子にして、アリストテレスの師に当たる。 プラトンの思想は西洋哲学の主要な源流であり、哲学者ホワイトヘッドは「西洋哲学の歴史とはプラトンへの膨大な注釈である」という趣旨のことを述べた。『ソクラテスの弁明』や『国家』等の著作で知られる。ウィキペディアより

広告を非表示にする