人生の成功はバランスとセンスが決める

ビジネスに関する話題・時事ニュース・マメ知識。人生に悩み迷う時、解決の糸口となりますように。

ねずみ男のひみつ

f:id:balasense7:20150506010947j:plain

おはようございます!

 

楽しかったゴールデンウィークも終わり、学校や仕事が始まりました。毎日の通学・通勤電車に辟易している方も多いでしょう。これが毎日気楽に勉強もせず、働きもせずに生きていけたらどんなに楽な事か……なんて考えた事は一度はあるはず。そんな生活にもそれなりの気苦労や葛藤もあるのでしょうが、それは隣の芝生はなんとやら、ってやつで羨ましいものです。

 

私が幼いころは、「ゲゲゲの鬼太郎*1」が放送されていましたが、若い方はどれくらいご存知でしょうか?アニメや漫画では知らなくとも、作者の「水木しげる」の名前は聞いた事があるかもしれませんね。数年前、「ゲゲゲの女房*2」がNHKの連続テレビ小説で高視聴率を記録したので、女性の方でもご存知でしょう。

 

そんな「ゲゲゲの鬼太郎」に登場するねずみ男が毎日プラプラと仕事もしていない様子で、主人公の鬼太郎にちょっかいを出してくる姿は、ウザいようなうらやましいような複雑な心境で見ていたものです。今日はそんな「ねずみ男*3」に関するマメ知識をご紹介いたします。

 

ねずみ男は、ハンガリー出身

 

おい!!!ホントかよ!?てっきり日本人だと思ってたわ!!!

ちょっと驚きのマメ知識をご紹介しました。鬼太郎ねずみ男の出会いは、ねずみ男ドラキュラの下男としてハンガリーからやってきた事から始まるそうです。

 

おいおい、ハンガリー出身ってだけでも驚くのに、ドラキュラともつながりあるとか意外すぎるだろ……。ショックなんだか、無職だと思ってたねずみ男がドラキュラとつながってるのがちょっと嬉しいんだか、複雑な心境になったマメ知識でした。

ドラキュラの下男とか羨ましすぎるぞ、ねずみ男よ!!(厨二病

 

それでは私たちもねずみ男に負けないように、今日も一日がんばりましょう!

 

【関連記事】

balasense7.hatenablog.com

 

 

 

*1:ゲゲゲの鬼太郎』は、水木しげる原作の漫画『ゲゲゲの鬼太郎』を原作とする妖怪アニメ作品。ウィキペディアより

*2:ゲゲゲの女房』は、漫画家水木しげるの妻・武良布枝が著した自伝。また、同書を原案として2010年度上半期に放送された同名テレビドラマ。 映画化、舞台化もされた。 ウィキペディアより

*3:ねずみ男(ねずみおとこ)は水木しげるの漫画『ゲゲゲの鬼太郎』(旧題:『墓場の鬼太郎』)に登場する妖怪。主人公・鬼太郎の悪友。人間と妖怪との間に生まれた半妖怪で、善悪の中間に位置するトリックスターウィキペディアより

広告を非表示にする