人生の成功はバランスとセンスが決める

ビジネスに関する話題・時事ニュース・マメ知識。人生に悩み迷う時、解決の糸口となりますように。

バンザイのひみつ

f:id:balasense7:20150511222249j:plain

おはようございます!

 

私が小さい頃、学校などで運動会や何かのイベントでは、「万歳三唱」はよく行われていたように思います。近年では学校教育の現場ではあまり「万歳」は行われていないのでしょうか?昔に比べると色々と制限も多くて教育現場も大変な感じがしますね。

 

そもそも万歳とは

元々は中国に於て使用される言葉で「千秋万歳」の後半を取ったもの。万歳は一万年で皇帝の寿命を示す言葉であり、皇帝に対して以外では使わない。……バンザイと発音するようになったのは大日本帝国憲法発布の日、1889年(明治22年)2月11日に青山練兵場での臨時観兵式に向かう明治天皇の馬車に向かって万歳三唱したのが最初だという[3][4]。最初の三唱は「万歳、万歳、万々歳」と唱和するものであったが、最初の「万歳」で馬車の馬が驚いて立ち止まってしまい、そのため二声目の「万歳」は小声となり、三声目の「万々歳」は言えずじまいに終わった[5]。(ウィキペディアより)

が大まかな成り立ちなのですが、実際にやってみる機会というのはなかなかないものですよね。

今日はそんな「万歳」に関するマメ知識をご紹介します。

 

「万歳」は両手の掌を内側に向けるのが正式であり、外側に向けるのは「お手上げ」である

 

そうです。

確かに!!!!

「万歳」の際にはついつい外側に掌を向けてしまいがちですが、それは「お手上げ」のポーズですよね。間違ってやってしまっている人は結構いるように思います。選挙に出馬して当選した暁には掌を内側に向けて「万歳」したいと思います(←選挙に出る気?笑)。

 

それでは皆さん、今日も良い日を!

 

【関連記事】

balasense7.hatenablog.com

 

広告を非表示にする