人生の成功はバランスとセンスが決める

ビジネスに関する話題・時事ニュース・マメ知識。人生に悩み迷う時、解決の糸口となりますように。

有益な召使いを得る ~ユダヤの教え

f:id:balasense7:20150514230344j:plain

■欲しいものはありますか?

おはようございます!

皆さんは、今現在欲しいものはありますか?私はそうですね……

 

かな(←ドン引きでぜんぜん笑えない)。

 

つまらない冗談は置いておいて、物で言うならなんでしょう……強いて言うなら車かな?SUVが欲しいですね。山とか海とか行く時便利そうだし。まあ、今の車でも十分ですけど……。大人になってくると物質的な欲というのはかなり抑えられてくるように思います。時間もないし、エネルギーも若いころに比べるとないので、あれやこれや欲しがる事が減ってきます。冗談抜きで「愛」とかって、本気で思うんですよね。今の家族とは別に、「多くの人に愛されたい」「心を許せる愛人が欲しい」「もう一人妻が欲しい」とか考える男性は実のところ多いように思います。現状が不満と言うわけではなく、なんとなく「欠けている部分」を補うとか、より一層充実させたいとか、そんな動機だとは思いますが……。既婚女性に物議を醸し出しそうな話題なのでこの辺にしておきます(笑)。

 

■無慈悲な主人

それら「欲しいもの」を手に入れるために必要なのが「お金」です。何かを手に入れたい時、それ以外の方法はあまりありません。欲しいものを手に入れるため「万引き」や「強盗」をする人もいます。しかし、多くの「強盗犯」は欲しいものを手に入れるためではなく「お金」を手に入れるために強盗をしています。もちろん「生活資金を手に入れるため」といった犯行動機も時折耳にしますが、大概の犯罪者はお酒を飲みたいから、外車を買いたいから、女性を口説くためにブランド品が欲しいから、といった「欲しいもの」のために強盗をしていることでしょう。

今日は、この「お金」に関する名言をご紹介いたします。

 

金銭は無慈悲な主人だが、有益な召使いにもなる

 

ユダヤの諺にある名言です。多くの人は「欲しいもの」を手に入れるために「お金」の従者となってしまっていますが、支配層や所謂「お金持ち」はお金を使い人を動かす立場となっています。もちろんそうなるためにには「お金」をたくさん持つ事が近道でしょうが、心持ちを少し変えるだけで従者ではなく対等な立場にはなれるかもしれませんね。

 

それでは今日も良い一日をお過ごしください!

 

【関連記事】

balasense7.hatenablog.com

balasense7.hatenablog.com

広告を非表示にする