人生の成功はバランスとセンスが決める

ビジネスに関する話題・時事ニュース・マメ知識。人生に悩み迷う時、解決の糸口となりますように。

運命を信じますか? ~ジャン・コクトーの教え

f:id:balasense7:20150616001728j:plain

おはようございます!

 

人間生きていると、どうしても嫌いな人って出てきます。法律を犯すような在任なら当然ですが、ちょっとそりが合わないとか、なんだか言い争いになる、なんて人と何人か付き合うことになるでしょう。いじめなんかも、結構そんなところから発生していたりするのではないでしょうか。わけもなくいじめが始まる事も多々あるとは思いますが。

そんな人物と遭遇した時、あなたはどうしますか?私は……

 

逃げます!!!

 

(笑)太字にするようなことではないですが、今までの経験上、それを乗り越えようとして上手く接しようとしてもどうしてもほころびがでてくるんですよね……。単純に逃げ癖というよりも必要最小限の接触にする事が両者にとってウィンウィンになるんです、私の場合。ですので、極力接触しないように心がけています(笑)。しかし、学生時代でもそうですが、そんな苦手な人間、嫌いな人間が、良い成績を取ったり、彼女が出来たり、出世したりすると、なかなか心穏やかにはいられないものですよね。昨今のSNSブームではそういった負の感情の弊害も語られるようになってきましたが、依然として村社会で閉塞的な日本では強迫観念のもとSNSが現役で活躍しています……。日本人にはSNSは向いてないと思うんですけどね(苦笑)。

今日は、そんな「嫌いな人」と向き合うための一つの名言をご紹介いたします。

 

「運命を信じますか?」

「もちろんですとも。でなけりゃ大嫌いないやらしい奴らが成功するのをどう説明して納得するんですか」

 

ジャン・コクトー*1の名言です。いくら接触を避けても、同じ学校や同じ職場では逃げ道がありません。そんな時、嫉妬心に駆られる人間の心理をうまくいなすための名言として、非常に秀逸だと感じました。この言葉は、嫉妬することへの回避ではなく、嫉妬を上手く受け入れ流すために有用ではないかと思います。これだけの優秀な人物でも「嫌いな人」がいて「嫉妬」もするのだなとちょっとホッとした名言をご紹介いたしました。

それでは皆さん、今日も良い一日をお過ごしください!

 

【関連記事】

balasense7.hatenablog.com

*1:1889年7月5日 - 1963年10月11日) は、フランスの芸術家。詩人、小説家、劇作家、評論家として著名であるだけでなく、画家、映画監督、脚本家としての活動も行った。自身は中でも詩人と呼ばれることを望んだという。ダダやシュルレアリスムと相互影響はあったと考えられるが、自身は直接は運動に参加せず、むしろ対立も多かった。ウィキペディアより

広告を非表示にする