人生の成功はバランスとセンスが決める

ビジネスに関する話題・時事ニュース・マメ知識。人生に悩み迷う時、解決の糸口となりますように。

佐藤さんのひみつ

f:id:balasense7:20150622214128j:plain

おはようございます!

 

新入生、新社会人の皆さんもそろそろ新しい生活に慣れたところでしょうか。新しい環境になって一番最初に苦労するのは人の名前ですよね。新しい人が入ってくる分には1人2人、多くても10人程度の名前を覚えれば済みますが、

 

自分が新入生・新社会人だったりすると、一気に30人とか多いと50人とか覚えなければなりません。学生なら部活でもすればさらに数十人、社会人でも他部署・お客様の名前も入れれば100人単位。ちょっと気が遠くなります。まあ、時間とともに覚えるのでさほど苦労はないですが、よくよく考えると100人単位ってすごいですよね(笑)。

今日はそんな名前に関わるマメ知識ですが、皆さんの友人や同僚に「佐藤」さんはいませんか?今日はその「佐藤」さんに関するマメ知識です。

 

「佐藤」という姓は「佐野の藤原」に憧れて名乗ったのが始まり

 

平安時代中期の武将に藤原秀郷*1という人物がいるのですが、下野(栃木県)佐野の唐沢山に居を構えていたので、「佐野の藤原」に憧れた武士たちが「佐藤」と名乗るようになったのが始まりと言われているそうです。

皆さんは自分の名字の由来を知っていますか?機会があれば調べてみるのも面白いですね。それでは皆さん、今日も良い一日をお過ごしください!

 

【関連記事】

balasense7.hatenablog.com

 

 

*1:藤原 秀郷は、平安時代中期の貴族・武将。下野大掾藤原村雄の子。 室町時代に「俵藤太絵巻」が完成し、近江三上山の百足退治の伝説で有名。もとは下野掾であったが、平将門追討の功により従四位下に昇り、下野・武蔵二ヶ国の国司鎮守府将軍に叙せられ、勢力を拡大。死後、贈正二位を追贈された。 ウィキペディアより

広告を非表示にする