読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生の成功はバランスとセンスが決める

ビジネスに関する話題・時事ニュース・マメ知識。人生に悩み迷う時、解決の糸口となりますように。

バンジージャンプのひみつ

f:id:balasense7:20150707005756j:plain

おはようございます!

 

皆さんはジェットコースターは好きですか?私はと言うと、かなり好きです。さすがに最近はあまり乗る機会がありませんが、

 

学生時代などは友人でも恋人でも付き合ってくれる人がいれば乗りました。しかし、不思議な事に絶叫マシンは平気でも高所恐怖症の気もあるんですよね。高層ビルや渓谷にかかる橋などでも覗きこむような時は足が震える感じがあります。もちろん「恐怖症」というには程遠いでしょうが、絶叫マシンは怖いなんて感覚はなく、楽しくて楽しくてしょうがないといいった感じです。全国の絶叫マシンを乗るほどではないですが、有名どころは結構乗っています(笑)。しかし、機会はあったのですが、ひとつだけ挑戦していない絶叫系があるのですが、それが……

バンジージャンプ

です。ところどころ見かけるのですが、付き合ってくれる人がいなかったり、時間がなかったり、休業日だったり、結局一回も挑戦していません。年を取ってくると、心臓の負担もあるしなるべく若いうちに一度は挑戦してみたいと思っています(笑)。

今日はそんな「バンジージャンプ」についてのマメ知識をご紹介いたします。

 

バンジージャンプはもともと大人になるための儀式だった

 

ほえー。アトラクションではなく儀式だったんですね。てっきり頭のおかしい(笑)絶叫大好きアメリカ人あたりが開発したのかと思っていました(笑)。もともとは南太平洋にあるバヌアツ共和国のペンテコスト島が発祥であり、「ナゴール」と呼ばれる儀式であったそうです。大人たちの後の続き、少年たちが飛び、上手く飛べたら大人の仲間入りができたとか。

儀式と聞くと、遊び半分で飛んでいいものかと思いますが、年内を目標に挑戦したいと思います。上手く出来たら大人の仲間入り出来るかな(笑)。

それでは皆さん、今日も良い一日をお過ごしください!

 

【関連記事】

balasense7.hatenablog.com

広告を非表示にする