読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生の成功はバランスとセンスが決める

ビジネスに関する話題・時事ニュース・マメ知識。人生に悩み迷う時、解決の糸口となりますように。

悔いのない決断 ~徳川家康の教え

f:id:balasense7:20150718004502j:plain

おはようございます!

 

皆さんは、何かを始める前に悩む方ですか?それとも、とりあえず始めてしまう方ですか?

私は前者です。もちろんものによっては考える前にとりあえず始めてしまうのですが、

 

基本的にはかなり熟考します。平たく言えば優柔不断です(笑)。必要以上に長い時間悩んでしまうこともあり、時折周囲に迷惑をかけてしまうような事もあったりなかったり(どっちやねん!)。冗談はさておき、熟考する事は間違っていないと思うのですが、それで決断しても現実と言うのは結構厳しいもので、想定外の事態と言うのは必ず発生してきます。まあ、決断自体が間違いであることも少ないですが、悩んで悩んで決めたからと言って、必ず正解かと言うとそうでもなかったりします。そういう時は「あー、無駄に何日も悩んでしまったな……もっと早く決めてしまっても同じだった」なんてこともあります。すばやく決断できる人がうらやましかったりしますね。

それでも何かを決断するには十分すぎるほど考えてもいいとは思いますが、やはり決める時はすぱっと決めないと、周囲にも迷惑をかけてしまうようなこともあるので、気を付けなければなりません。私もランチタイムでメニューに悩んで、周りの人に迷惑をかけるのは金輪際やめようと思います(←ランチの話かよ!)。

今日はそんな「決断」に関する名言をご紹介。

 

決断は、実のところそんなに難しいことではない。難しいのはその前の熟慮である。

 

徳川家康*1の名言です。さすがの家康といった感じの名言です。決断と言うのは意外とすんなり出来るのです。後悔しないように、最善の選択が出来るようにしっかりと熟慮する事が本当に難しい。あまり優柔不断になりすぎると正しい決断も下せなくなってしまいますからね。これからは家康の言葉を胸に後悔のないランチを頂きたいとおもいます(←結局ランチの話かよ)。

それでは皆さん、今日も良い一日をお過ごしください!

 

【関連記事】

balasense7.hatenablog.com

*1:徳川 家康 / 松平 元康は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将・戦国大名江戸幕府の初代征夷大将軍。三英傑の一人。海道一の弓取りの異名がある。 家系は三河国の国人土豪松平氏。永禄9年12月29日に勅許を得て、徳川氏に改めた。松平元信時代からの通称は次郎三郎。幼名は竹千代。 ウィキペディアより

広告を非表示にする