読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生の成功はバランスとセンスが決める

ビジネスに関する話題・時事ニュース・マメ知識。人生に悩み迷う時、解決の糸口となりますように。

「そうめん」だった理由 ~今週のお題

f:id:balasense7:20150804225849j:plain

今週のお題「夏の食事」

 

おはようございます!

 

久しぶりに今週のお題「夏の食事」についての記事を書いてみようかと思います。

子供の頃夏休みになると、毎日のように「そうめん」を食べていました。毎日毎日うんざりするほどそうめんが出てきて、

 

うちのかあちゃんに

「なんで毎日ソーメンやねん!いいかげんうんざりするわ!たまにはまともな昼食ださんかい!」

と怒鳴り散らしました(心の中で)。

子供は育ち盛りだし、体力があるので、夏でも食欲はありまくるんですよね。唐揚げだろうが焼きそばだろうが天ぷらだろうがラーメンだろうがなんでもこいや!状態。私自身も、毎日泥だらけになって遊びまわって、夏休みが終わる頃には「みのもんた」か「松崎しげる」に間違えられるくらい日焼けしてましたからね(おおげさ)。毎日のようにお昼ごはんが「そうめん」では正直物足りなくても無理はないのです(笑)。

 

ですので、育ち盛りのお子さんがいる家庭ではたっぷりと栄養のあるものを出してあげて下さいね。しかし、なぜあれほどまでに母がそうめんを出していたのかこの年になってわかります。大人は夏バテで食欲がなくなるんですよね、誰よりもまず自分が食べたくない、だから子供にも食べやすい「冷たいそうめん」を作ってあげたくなる。ええ、私も毎日のように食べてますよ「そうめん」。

かあちゃん……あの時は(心の中で)怒鳴り散らしてごめんね(笑)。

 

それでは皆さん、夏バテに負けず今日も一日頑張りましょう!

 

【関連記事】

balasense7.hatenablog.com

広告を非表示にする