人生の成功はバランスとセンスが決める

ビジネスに関する話題・時事ニュース・マメ知識。人生に悩み迷う時、解決の糸口となりますように。

事を成し遂げるには ~勝海舟の教え

f:id:balasense7:20150920222129j:plain

おはようございます!

 

何かを成し遂げようとするとき、集団においてはぐいぐい引っ張って行くような「船頭」が必要であるのは間違いないでしょう。私自身も過去に幾度か経験しているのですが、

 

本当に優秀な「船頭」がぐいぐい引っ張って成功したことは幾度もありました。本当に、「お兄ちゃん」みたいな感じで頼りになって、楽ちんでした(笑)。しかし、それはその人物が人柄も非常に優れていたからなんですよね。それに、その人物を快く思っていなかった人もいくらかはいたはずです。一方で、寡黙なタイプで多くを語らない上司の引っ張るプロジェクトでの成功体験もあります。実際は、上司の中にも思い描く「ビジョン」のようなものがあるはずなのですが、メンバーの案を採用したり、何かを問いかけ任せたりと、まあ自分の能力をひけらかすことなく、自分が「下」に降りてきてまとめてくれていました。今日はそんな体験に秘められた真理をついた名言をご紹介いたします。

 

事を成し遂げる者は愚直でなければならぬ。才走ってはうまくいかない。

 

勝海舟*1の言葉です。自身が有能で他を寄せ付けないほどのキレ者であったからこその名言なのでしょうか。幾度も失敗を経験し、愚直であり続けることの大切さを痛感したのかもしれません。才走りすぎるリーダーの下では付いてこられない人間も多くいたのかもしれません。あまりに先を見通し過ぎて、モチベーションが落ちてしまったのかもしれません。勝海舟自身がそのような瞬間にこの言葉が浮かんだのかはわかりませんが、「愚直」であることの大切さをしっかりと感じた言葉でした。

それでは皆さん、今日も良い一日をお過ごしください!

 

【関連記事】

 

balasense7.hatenablog.com

 

 

balasense7.hatenablog.com

 

*1:勝 海舟 / 勝 安芳、政治家。位階勲等爵位は正二位勲一等伯爵。山岡鉄舟高橋泥舟と共に「幕末の三舟」と呼ばれる。 ウィキペディアより

広告を非表示にする