人生の成功はバランスとセンスが決める

ビジネスに関する話題・時事ニュース・マメ知識。人生に悩み迷う時、解決の糸口となりますように。

誉められる人 ~武田信玄の教え

f:id:balasense7:20150924230312j:plain

おはようございます!

 

最近本当に物騒な事件が多い気がします。熊谷市のぺルー人による連続殺人、愛知県春日市のラーメン屋強盗殺人事件等々、

 

最近ボーっと繁華街なんか歩いていると「ハッ」と後ろを振り返ったりしちゃいます(マジで笑えません)。犯人が捕まるとたいてい近所の人のインタビューが放送されて「そんな人には見えなかった」「まさかあの明るい人が」なんてコメントが多かったりします。そうなんですよね、ニコニコ笑顔の部長の方が本当は「怖い」のはサラリーマンなら誰でも知っているはず(笑)。たいがい「良い噂」というのはあてにならないものです。だって、それだけ「批判したらめんどくさい人」なんですから(笑)。今日はこのことを納得させてくれる名言をひとつ。

 

 

百人のうち九十九人に誉められるは、善き者にあらず。

 

武田信玄*1の言葉です。多くの部下を抱えていた信玄の人を見る目は確かだったでしょう。私の身近にもいました、こういう人(笑)。どうしようもないクズで自分本意な人間でしたが、友人(?)も少なくないし、悪いうわさも聞かない。「ああ、あの人はね個性的だから(笑)」みたいな評価が多い。実際、その人物に接するとまあクズ、人間の負の面を凝縮したような人物でした(笑)。ちょっとでも批判すると拗ねるか100倍くらいで返ってくるので、周囲の人間は「めんどくさい」から悪く言わなかっただけなんですよね。その噂を信じてしまうと、手痛いしっぺ返しがくる、というわけです(笑)。これ以上、自分に被害が及ぶ事がないように、また悪い噂はたたない、と(笑)。もう、悪循環なんだか、好循環なんだかわかりません(笑)。処世術としては成功しているのかも知れませんが、こうはなりたくないものです。

それでは皆さん、今日も良い一日をお過ごしください!

 

【関連記事】

 

balasense7.hatenablog.com

 

 

balasense7.hatenablog.com

balasense7.hatenablog.com

 

*1:武田 信玄 / 武田 晴信は、戦国時代の武将、甲斐の守護大名戦国大名甲斐源氏嫡流にあたる甲斐武田家第19代当主。諱は晴信、通称は太郎。「信玄」とは法名で、正式には徳栄軒信玄。大正期に従三位を贈られる。 甲斐の守護を務めた甲斐源氏武田家第18代・武田信虎の嫡男。 ウィキペディアより

広告を非表示にする