読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生の成功はバランスとセンスが決める

ビジネスに関する話題・時事ニュース・マメ知識。人生に悩み迷う時、解決の糸口となりますように。

幸福を望む心 ~ラッセルの教え

f:id:balasense7:20151003215233j:plain

おはようございます!

 

人間、誰しもが幸福になりたい、幸福でありたいと望みます。それは、

 

過去においても現代においても同じであるでしょう。しかし、科学技術の進歩により文明は発達してきました。この事で、その価値観と言うのは変化していき、以前とはその質も変わっていると思います。思っていました……が、過去においてその幸福への価値観はあまり変化のないものであると証明している名言がありましたので、今日はそれをご紹介いたします。

 

万人は自らの幸福を望んでいる。しかし、技術的にひとつになった今日の世界では、自らの幸福を望んでいても、他人の幸福を望む心とひとつにならない限り、それは何の役にも立たない。

 

バートランド・ラッセル*1の言葉です。ラッセルは「幸福論」で有名ですが、その一節にある言葉です。これは、当時の科学技術の程度は現代のインターネットによる情報化社会に比べれば格段に劣るものであったにも関わらず、予言に近いこのような名言を残しました。ラッセルの偉大さは言うまでもありませんが、匿名の投稿である事を逆手にとって、攻撃的で傲慢で尊大な現代のインターネット文化にも警鐘を鳴らしているように思います。匿名であるがゆえに、時にその悪質さは現実社会を凌ぎます。まあ、かくいう私も匿名なんですけど(笑)。

それでは皆さん、今日も良い一日をお過ごしください!

 

【関連記事】

 

balasense7.hatenablog.com

 

 

balasense7.hatenablog.com

 

 

balasense7.hatenablog.com

 

*1:第3代ラッセル伯爵、バートランド・アーサー・ウィリアム・ラッセルは、イギリスの哲学者、論理学者、数学者、貴族。イギリスの首相を2度務めた初代ラッセル伯ジョン・ラッセルは祖父である。名付け親は哲学者のジョン・スチュアート・ミル。 ウィキペディアより

広告を非表示にする