人生の成功はバランスとセンスが決める

ビジネスに関する話題・時事ニュース・マメ知識。人生に悩み迷う時、解決の糸口となりますように。

すべてを失う者 ~山名宗全の教え

f:id:balasense7:20151007235352j:plain

おはようございます!

 

「強欲」「傲慢」

な人物は信用するに足りません。なぜなら

 

自分の「利益」にならないと思えば、ためらいなく裏切り、手柄を横取りし、罪を押し付けてくるからです。キリスト教七つの大罪にもあります。

「暴食」、「色欲」、「強欲」、「憂鬱」、「憤怒」、「怠惰」、「虚飾」、「傲慢」

見事に2つとも入っていますね(笑)。「強欲」な人間と言うのはそのエネルギーはすさまじいものがあり「リーダー」や「上司」に適した人物も多いとは思いますが、それは人格的に優れた人物であることが条件であり、かのブラック企業で名高い「ワ○ミ」とかの創業者だと、その「強欲」さに従業員は食い物にされてボロ雑巾のように奴隷扱いされ、過労死してしまいます(笑いごとではありません)。まあ、今現在は経営状況も芳しくはないようですが、それでも創業者一族や経営陣には莫大な富がもたらされた事でしょう。誰かの犠牲の上に成り立つ富など無価値に等しいと思うのですが、そうでない人もいるようです(笑)。今日は「強欲」「傲慢」に関わる名言をご紹介いたします。

 

すべてを得んとする者は、すべてを失う者である

 

山名宗全*1の言葉です。個人的には「強欲」「傲慢」な人間には「破産」や「失脚」が相当だとは思っているのですが、世の中なかなかそうはいかないようです。しっかりと社会的に破滅してくれる悪人もいますが、大概は大手を振って街を闊歩しております。繁華街でヤ○ザやチンピラの類が高級車に乗って幅を利かせているのを見ればそれは明らかですね。「失う」というのは何も「富」だけには限りません。それは自分の周囲に集う人間の質で表れるのではないかと思います。ヤ○ザの周りににはチンピラが、ノーベル賞の教授の周りには優秀な科学者達が集います。後ろからチンピラに刺される恐れを抱きながら生きる人生に何の価値もありません。少なくとも私は、後者のように多くの科学者に尊敬され祝福される人生を歩みたいと思います(←ムリムリ笑)。

それでは皆さん、今日も良い一日をお過ごしください!

 

【関連記事】

 

balasense7.hatenablog.com

balasense7.hatenablog.com

 

 

balasense7.hatenablog.com

 

*1:山名 宗全 / 山名 持豊は、室町時代の武将、守護大名。家系は新田氏庶流の山名氏。室町幕府の四職の家柄で侍所頭人。但馬・備後・安芸・伊賀・播磨守護。山名時熙の3男で、母は山名氏清の娘。諱は持豊で、宗全は出家後の法名ウィキペディアより

広告を非表示にする