人生の成功はバランスとセンスが決める

ビジネスに関する話題・時事ニュース・マメ知識。人生に悩み迷う時、解決の糸口となりますように。

挨拶とは ~鈴木健二の教え

f:id:balasense7:20151020212243j:plain

おはようございます!

 

礼に始まり、礼に終わる。

武道でなくとも、「道」の付く習い事、

 

もしくは厳しい部活の経験者なら理解できるかと思いますが、「礼」が出来ない人には非常に憤りを覚えます。日本の武士道、美学と言うのは「礼」と言うことに尽きるのではないでしょうか。勝っても負けても相手に対し「礼」を尽くす、いかに仲たがいしようとも互いを尊重し、最後まで礼儀正しくある、それすらも出来ない人は、社会人失格どころか人間失格ではないかとすら思えます。

 

「挨拶」とは何か。それは「心を開いて相手に迫る」ということである。

 

鈴木健二*1の言葉です。「礼」を知らない人間は「挨拶」もちゃんと出来ない人が多いですよね。まさに、人間を「物」かなにかと勘違いしているのでしょうね。会ったらまず「挨拶」。「お礼」の言葉や「ねぎらい」の言葉も大切ですね。まず、「挨拶」が出来ない人には気をつけましょう。「礼」も「常識」もない人間の可能性が高いですからね。

それではみなさん、今日も良い一日をお過ごしください!

 

【関連記事】

 

balasense7.hatenablog.com

 

 

balasense7.hatenablog.com

 

*1:鈴木 健二は、日本のフリーアナウンサー。元NHKアナウンサー。 『歴史への招待』や『クイズ面白ゼミナール』などの司会者として高視聴率を叩き出したことで知られる。 著作も多く、『気くばりのすすめ』はベストセラーになった。 ウィキペディアより

広告を非表示にする