人生の成功はバランスとセンスが決める

ビジネスに関する話題・時事ニュース・マメ知識。人生に悩み迷う時、解決の糸口となりますように。

道徳と立法 ~ベンサムの教え

 

f:id:balasense7:20151105224948j:plain

おはようございます!

 

皆さんは「道徳」や「倫理」の授業は好きですか?好きでしたか?

 

私は退屈で嫌いでした(笑)。

今もそれほど道徳心が高いとは言い切れませんが(笑)、それなりに成長したのではないかと思っています。あの頃、授業で学ばなくとも「人の嫌がる事はしない」「不誠実な事はしない」といったことを意識するだけで、大人になるにつれて「道徳心」と言うのは育つのではないかと私は思います。不良だった同級生が、大人になって立派な弁護士になっていたりしますからね(笑)。

 

最大多数の最大幸福は、道徳と立法の基盤である

 

ベンサム*1の言葉です。社会に出ると「法を犯していないのだから自分は悪くない」なんて言葉を耳にすることがありますが、それによってもたらされた「不幸」や「不快感」にはどう責任をとるのだと、いつも思います。法的に裁かれる事はなくとも、その人物には「ヘイト」が溜まっていく事でしょう。法ではなく、誰かの恨みによって罪を償わされる時がきっと来るのだと思います。人を「不幸」にするような事は避けなければならないでしょう。それ以前に「法」を犯していては話にもなりませんけどね(笑)。

それでは皆さん、今日も良い一日をお過ごしください!

 

【関連記事】

 

balasense7.hatenablog.com

 

 

balasense7.hatenablog.com

 

*1:ジェレミ・ベンサムは、イギリスの哲学者・経済学者・法学者。功利主義の創始者として有名である。「ベンタム」とも。功利主義の理念は、19世紀前半、インドにおけるイギリス東インド会社の勢力圏で用いられた行政法体系に相当な影響を与えた。 ウィキペディアより

広告を非表示にする