読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生の成功はバランスとセンスが決める

ビジネスに関する話題・時事ニュース・マメ知識。人生に悩み迷う時、解決の糸口となりますように。

ひとつの痛切な願い ~リンカーンの教え

f:id:balasense7:20151126221403j:plain

おはようございます!

 

目標を達成するにあたって、それに関わる多くの人間が不幸になってしまっては、

 

いかに崇高な目標であっても評価できないと思います。理想だけでは達成できないものであっても、周囲の人間を不愉快にし不幸にする理由にはなりません。「○○の学校を作りたい」「▲▲を社会に広めたい」なんて大きな目標を掲げるのは自由ですが、それに伴って多くの人が不幸になるようなら、ぜひとも止めて貰いたいですね。しかし、そういう「意識の高い」人間ほど何か勘違いしている人間が多いので、周囲に迷惑を振りまき続けるんですけどね。本当に止めて欲しいです(笑)。

 

私はひとつの痛切な願いを持っている。それは、私がこの世に住んだがゆえに、少しだけ世の中が良くなったということが認められるまで、生きたいということだ。

 

リンカーン*1の言葉です。彼自身もまた、目的を達成するために多くの事を犠牲にし、多くの人間を不幸にしたのでしょう。しかし、「世の中を良くしたい」という思いだけは誠実だったのではないでしょうか。自己顕示欲だけで起業したり、本を出版したりとかほんとに止めて欲しいですよね。多くの人が不幸になります。

それでは皆さん、今日も良い一日をお過ごしください!

 

【関連記事】

 

balasense7.hatenablog.com

 

 

balasense7.hatenablog.com

 

*1:弁護士、イリノイ州議員、上院議員を経て、1861年3月4日に第16代アメリカ合衆国大統領に就任した。ウィキペディアより

広告を非表示にする