人生の成功はバランスとセンスが決める

ビジネスに関する話題・時事ニュース・マメ知識。人生に悩み迷う時、解決の糸口となりますように。

賢明か利己主義か ~O・ヘンリーの教え

f:id:balasense7:20151203204132p:plain

おはようございます!

 

私はどうしても簡単に人を信用してしまう傾向があるようです。疑ってかかるよりは、

 

まず信頼から始める関係の方が良好な関係が築けるような気がしますし、何より「最初から疑ってかかる」なんてなんだか悲しいですよね……。

 

私は正直者ですと自分でいう者は、決して正直者ではない。 私は何も知りませんという者は良く知っているし、私は何でも知っているという者はほら吹きである。何も言わない人間は賢明な人か、利己主義かのどちらかである。

 

O・ヘンリー*1の言葉です。そんな人を信用する性格も災いして、親友に利用されたり裏切られたり、なんてことも経験しました。もともと、「親友」というのが間違いで、もとから自分勝手で利己主義の悲しい人間だった、というだけなのですが……。まあ、本人は、人から盗んだアイデアや成果で満足しているようなので、始めっから分かり合えるような人種ではなかったので、私の見る目がなかっただけですが(笑)。ほんと佐野研×郎とか佐村×内守とか、人を利用したり騙したりする事で成果をあげている人間って、本当に世の中に存在するんですよね……。そんなことをしながら生きていて虚しくならないのかな(笑)。早い内に社会から排除されるといいですけどね(笑)。

それでは皆さん、今日も良い一日をお過ごしください!

 

【関連記事】

 

balasense7.hatenablog.com

 

 

balasense7.hatenablog.com

balasense7.hatenablog.com

 

*1:オー・ヘンリーは、アメリカの小説家。主に掌編小説、短編小説を得意とし、381編の作品を残した。市民の哀歓を描き出した短編が多く欧米ではサキと並んで短編の名手と呼ばれる。映画化されたものも少なくない。 ウィキペディアより

広告を非表示にする