人生の成功はバランスとセンスが決める

ビジネスに関する話題・時事ニュース・マメ知識。人生に悩み迷う時、解決の糸口となりますように。

2つの利口 ~寺田寅彦の教え

f:id:balasense7:20160106164026j:plain

おはようございます!

 

人間とは誰しも自尊心が強い生き物です。男性は特に自尊心が強いでしょう。それは

 

厳しい生存競争を生き抜き子孫を残すという命題のために必要不可欠なことなのでしょう。しかし、その自尊心も過度に強すぎると、周囲の人間に迷惑をかけるだけの結果となってしまうと思います。

 

馬鹿をいっぺん通って来た利口と、始めからの利口とは、やはり別物かもしれない。

 

寺田寅彦*1の言葉です。「馬鹿を通る」というのは、「過去において弱者の立場を一度でも経験したことがある」という事なのでしょう。始めからの「利口」や「天才」というのは、自分とは対極にある「馬鹿」や「凡才」という人間や事柄を理解できない、という事なのかもしれません。「理解できない」というのは言い過ぎかもしれませんが、その過程を一度でも経験したことがあるというのは「強み」となるのでしょう。

それでは皆さん、今日も良い一日を!

 

【関連記事】

 

balasense7.hatenablog.com

 

 

balasense7.hatenablog.com

 

*1:寺田 寅彦は、戦前の日本の物理学者、随筆家、俳人であり吉村冬彦、寅日子、牛頓、藪柑子の筆名でも知られる。高知県出身ウィキペディアより

広告を非表示にする