読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生の成功はバランスとセンスが決める

ビジネスに関する話題・時事ニュース・マメ知識。人生に悩み迷う時、解決の糸口となりますように。

見えぬ悪事 ~井原西鶴の教え

f:id:balasense7:20160112205231j:plain

おはようございます!

 

昨年もSNSにより、芸能人だけでなく一般の利用者の炎上ニュースも数多くありましたね。今年に入ってからも

 

いくつか目にしました。しかし、なぜ全世界に発信しているSNSなどで、「犯罪自慢」をしてしまうのでしょうか。もちろんかく言う私もその「炎上」のターゲットになる可能性もゼロではないですが、それは素性明かし、なお且つ「人の恨みを買う」ような事をするまでは、おそらくは大丈夫でしょう。

 

その身に染まりては、いかなる悪事も見えぬものなり。

 

井原西鶴*1の言葉です。そもそも、自分のしている事が「犯罪」や「悪事」だと自覚していない人も多いのでしょう。だいたい「自己中心的な思考」「自己承認欲求が強い」ような人間は、自分を客観的に判断する事が出来ません。「自分は偉大」であり「世界は自分を中心に回っている」と本気で信じております。ですので、殴られたり、後ろから女性に刺されたり、裁判を起こされたりするまで気付くことがありません。Tもそうだな……。やっぱ裁判するか。

本当、

憎まれっ子世にはばかる

ですね。やっぱり潰すべきですね「憎まれっ子」は(笑)。

 

【関連記事】

 

balasense7.hatenablog.com

 

 

balasense7.hatenablog.com

 

*1:井原 西鶴は、江戸時代の大坂の浮世草子・人形浄瑠璃作者、俳諧師。別号は鶴永、二万翁、西鵬。 『好色一代男』をはじめとする浮世草子の作者として知られる。談林派を代表する俳諧師でもあった。 ウィキペディアより

広告を非表示にする